つめものの治療の流れと材料による違い

奥歯治療(つめもの)の流れ

むし歯を削ります ⇒ 型をとります 歯科医師

  技工所で装着物を製作します ⇒ 装着します

つめもの治療に使用する素材

セラミック
お皿につかう陶材を歯科用に加工したもので、
色が白く、大変美しく仕上がります。
ゴールド
多少目立ちますが、とても適合がよく、
むし歯が再発しにくい素材です。
銀歯
健康保険が適用できます。他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

材料による3つの違い

つめものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1:美しさ

小さなつめものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

美しさなら断然セラミック

違いその2:再発リスク

つめものは、歯との隙間にプラークがたまりやすく、むし歯が再発することもあります(二次むし歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリです。

ゴールドなら隙間もピッタリ

違いその3:安全性

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

ゴールドは酸に溶けにくい金属です

インドアビュー