「インプラント治療」と「入れ歯・ブリッジによる治療」の違い

インプラントとは?

インプラントとは、歯の欠損部分にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上にかぶせものをかぶせて、歯を補う治療法です。

入れ歯やブリッジと違い、周りの歯に負担をかけたり、削ったりしないので、大変快適に使用できます。
インプラントの仕組み

インプラント治療の流れ(2回法)

精密な検査を行います ⇒ 手術を行いインプラントを埋め込みます ⇒

⇒ インプラントが骨と結合するのを待ちます ⇒ 手術を行い歯肉を開きます

型をとり人口歯を制作します ⇒ 人口歯を装着します  

「インプラント」と「入れ歯」の違い

インプラントと入れ歯では主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感がない

インプラントは入れ歯のような異物感がまったくありません。取り外す必要も一切なく自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうほど自然です。

第2の永久歯 まるで自分の歯のよう

違いその2:よく噛める 痛くない

入れ歯は痛みを感じやすい歯茎が直接その力を支えているため、自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。 直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

インプラントがしっかり噛める理由

違いその3:周りの歯にやさしい

部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用します。 そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。

その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。

部分入れ歯の2つの危険性

「インプラント」と「ブリッジ」の違い

違いその1:健康な歯を削らない

土台を削る必要のあるブリッジ
インプラントなら土台の歯が不要

違いその2:周りの歯に負担がかからない・とっても長持ち

ブリッジの危険性

インドアビュー